機能性液晶ブラインドフィルム Kasmy

APPLICATION 使用事例

さまざまな場所と用途へのカスミィ導入のご提案を、わかりやすいアニメーションでご紹介します。
カスミィの使い方はお客様次第。お客様からのご提案もお待ちしております。

> PDLCフィルムの構造・透過散乱など詳しい技術情報はこちら

PDLCフィルムの構造
高分子分散型液晶(PDLC)は、ネマティック液晶のドロップレットが透明なポリマーマトリックス中に分散した構造をしています。
ネマティック液晶は、電気的光学特性を持つ棒状の液晶分子をドロップレットの中の界面に沿って配向されています。
PDLCフィルムの透過散乱
外部から電界が印加されない場合(電源OFF時:上記左の図の状態)
入射光はポリマーと液晶の屈折率差や液晶の複屈折によってドロップレット表面や内部で屈折し、光が散乱します。これにより液晶は乳白色になります。
電極間に電界が印加されると(電源ON時:上記右の図の状態)
液晶は長軸方向を電界と平行にして並ぶため液晶とポリマーの屈折率差はなくなり、入射光は直進し液晶が透明になります。