調光フィルム Kasmy(カスミィ)

APPLICATION 使用事例

さまざまな場所と用途への調光フィルムKasmy(カスミィ)導入のご提案を、わかりやすいアニメーションでご紹介します。
調光フィルムの使い方はお客様次第。お客様からのご提案もお待ちしております。

> 調光フィルムの構造・透過散乱など詳しい技術情報はこちら
オフィス会議室のガラスに調光フィルムKasmyを貼って、瞬間調光を可能に。
重要な会議の際は不透明にしてプライベート空間に。空間を広く見せたい時は透明にして明るいオフィスを演出!

調光フィルムはカーテンやブラインドの設置に比べ、埃がたまりにくく、空間をスマートに、広く見せることが出来ます。

Kasmyは自己吸着型の調光フィルムですので、後貼り施工はもちろん新設ガラスへの先貼り施工も可能です。
調光フィルムKasmyをオフにするとフイルムは不透明に。プロジェクターでの投影によりデジタルサイネージとして新たな演出効果を発揮します。

Kasmyはフィルムの間に液晶が入っているので、不透明(OFF)の状態で映像を投射すると、液晶テレビのような高精細な映像を映すことが可能です。
(リアプロ投射推奨)
プロジェクタースクリーンとして高精細な画像をお楽しみいただけます。

その他にも、工場の見学ルートで調光切替を生かしたサプライズ効果の演出や、工場内クリーンルームや展示室などでも調光フィルムが活用されています。